[京都発ー文化と暮らしの未来]弊社代表岡村が登壇致します。

5月21日(月)の「京都発ー文化と暮らしの未来」に弊社代表 岡村が登壇いたします。

「日本人の忘れもの 知恵会議」京都経済センター開業記念フォーラム
「京都発-文化と暮らしの未来」

日時
2019年5月21日(月) 15時30分〜18時(開場15時)
会場
京都産業会館ホール北室(京都経済センター2階)
京都市下京区四条通室東入 ※公共交通機関でご来場いただきますようお願いいたします。

AIやIoT、ロボティクス、自動運転、生命工学など最先端テクノロジーの進化に伴って、急速に変化する現代社会。一方、人口減少、地域コミュニティーの弱体化など多くの課題を京都のみならず日本社会全体が抱えています。本フォーラムでは、「京都経済百年の計」の下、3月に開業したばかりの京都経済センターを会場に、気鋭の経済学者および、文化や芸術分野振興に寄与する専門家、そして、地域に根差し、地域とともに発展を目指す「地域企業」を代表する企業代表者を招き、明日の一歩を考えます

「日本人の忘れもの知恵会議」 では、忘れられつつある地域文化を、いかに日々の暮らしに取り入れることができるかを摸索しています。これからの社会にこそ必要とされる“日本人の忘れもの” について再発見し、考え、未来に残していくための地域活動案を募集します。

 

登壇者
鷲田清一氏(哲学者)
堂目卓生氏(大阪大学社会ソリューションイニシアティブ(SSI)長)
岡村充泰氏(京都市地域企業未来力会議 / ウエダ本社代表取締役)
村上佳代氏(文化庁 地域文化創生本部 文化財調査官)
松倉早星氏(Nue inc. 代表 プランナー)

コーディネーター
内田孝氏(京都新聞総合研究所 所長)

 

お申し込み

はがきかファクス075-222-2200、Eメール keikaku@mb.kyoto-np.co.jpに郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記し、4月22日(必着)までに〒604-8567 京都新聞COM「日本人の忘れもの知恵会議」係へ。抽選で当選者に参加証を送付。問い合わせは、京都新聞COM/Tel.075-241-6170

詳細はこちらへご覧ください。

 

主催=京都新聞
共催=京都市・京都市地域企業未来力会議
協力=文化庁 地域文化創生本部
企画協力=日商社