来年のウエダ本社と私

令和元年も今週で終了しました。

忘年会や年末挨拶の予定の合間をぬって、クリスマスイブには山田貴子さんという方に、湘南台まで会いに行って来ました。

と言うと意味深?ですが、ご主人の森住さんとは会いながらも、これまで面白い様に貴子さんとはニアミスを繰り返していたので、しっかりとアポイントを取って、この予定だけで行ったのでした。

昨年6月にセブ島に1カ月、英語留学に行っていましたが、それが山田さん、森住さん夫妻が経営されるワクワークという所で、最初に行こうとしたスクールではなく、コクリの三田愛さんから、どうせならソーシャルビジネスで有名な山田貴子さんの所に行ったら?という事で、紹介を受けて行ったのですが、第二子出産で帰国しておられ、結局一か月間会えずじまいだったのです。

実はワクワークとの縁はこれが初めてではなく、10年程前、当時は大学で授業を持っておられた友人の嘉悦さんから、セブ島と結んでオンライン英会話の授業をスタートしたから見に来て下さいと誘われ、嘉悦大学からネット越しに見たのがワクワークだったのです。

スカイプ英語の黎明期からその様な縁のあったワクワークに、何年も経ってから紹介で行く事になり、フィリピンのソーシャルイノベーターの貴子さん目がけて行ったにも関わらず会えず、以降も日本で何度か、一日違いで入れ違ったという事ばかりで、ある意味なかなか無い”ご縁”だったのです。

そんな関係とは言え、今回、平日に出張で行くのには大きな訳があったのです。

実は、来年からウエダ本社が、セブの英語スクールの経営権を持つ事になります。

ワクワークではなく、実は、最初に私が行こうとしたスクールなのですが、我々が同じセブのスクールの経営に参加すると、色々な連携できるのでは?との話から、時間を取ってじっくり話す事になったのでした。

これだけ言うと、多分100人いたら99人?いや100人の方が、訳の分からない話と思われるでしょうが、私としては、全然飛び石を打った訳でも、現業と違う新規事業を行なう訳でもなく、あくまでずっと考えて来た流れの一環なのです。

そして時同じくして、来年1月には、京都府北部の与謝野町にある、素晴らしい元料亭の物件を取得する事にもなりますが、これも同じ構想の中のものです。

と、令和最初の年の最後のブログで、これまでに無かった様な大きなトピックスを二つも書いておりますが、来年からは掛け声だけではなく、ウエダ本社は次のステージに入って参ります。

詳しくは、年明け最初のブログで書きたいと思いますが、今日の所は、今年一年、特にこのブログをご覧頂いていた皆さまへは、来年のホットニュースのお知らせと共に、お世話になりました最後のお礼とさせて頂きます。

来年は、より訳の分からなくなるウエダ本社と、50代後半のソーシャルアントレプレナーの私共々、どうぞよろしくお願い致します。