PROJECTS

  • ICTシステムデザイン

T社様 業務改善システム導入

 お客様の課題

  1. 作業班が複数あり他の班の状況(予定など)が本社への問い合わせでしか分からず、班がまたがっての作業予定打ち合わせではその場での確認が出来ず、タイムラグが出来てしまっていた。
  2. 予定などが決定しても帰社後に共有することが多く、ダブルブッキングが起きてしまっていた。
  3. 案件の情報(見積等)などはPC内のみに保存しており、確認するためにはその都度本社への問い合わせが必要だった。

 

 

 で業務改善

統一したフォーマットで、属人化していた案件の情報を一箇所に集め業務全体を見える化し、
外出先からでもスマートフォンやタブレットで報告・確認できるようにしました。

予定と案件の見える化

案件カレンダーの内容もひと目でどの状況かがわかるよう色分けをいたしました。
視覚的にわかりやすくすることでも効率化を図っています。

カレンダー画面 案件管理画面

作業日報

また、同じお客様で、一人ひとりが今までどのように対応していたかがわかるように、日報機能を設けました。
書いた日報・報告書は、ただ溜めていくだけではなく、ボタン一つでグラフ化することができるので、日々の活動を直感的に分析することができます。

導入後の変化

  1. いつでもどこでも確認が出来るため、社内への電話問い合わせが減少し、タイムラグが以前より少なくなった。
  2. ダブルブッキングが無くなり、再調整などが無くなった。
  3. 出先での案件に関する対応(電話等)が見積書を張り付けているため、提出内容に沿ってできるようになった。

kintone導入についてよかった点

  1. 日報などもkintoneでまとめることにより、ペーパーレスになった。
  2. 同じお客様の案件を外で確認できることによって、対応がより細かくできるようになった。
  3. 現場調査などでの写真を貼り付けることによって、現場の詳細が把握出来るようになった。
  4. 案件管理内で色分けが出来るため、経理も現場も一目で状況がわかるようになった。(経理側含め)