PROJECTS

  • ワークプレイスデザイン

ウエダ本社リニューアル vol.2 – かたちにする 5F編 –

社名 ウエダ本社
概要 2015年8月から2016年8月までの約1年間にわたり、自社リニューアルを行いました。
URL https://www.ueda-h.co.jp

ウエダ本社では、2015年8月から2016年8月までの約1年間にわたり、ウエダ本社メソッドを実践し、自社リニューアルを行いました。
ここではそのプロセスと結果を解説します!

ウエダ本社メソッドについて詳しくはこちら

ワークプレイスコンセプト「bazaar/バザール」をもとにリニューアル

bazaar/バザール = 人がいきいきと行きかう場。
オフィスをバザールに見立て、多様な人・商品・サービスが行きかい、新たなつながりが生まれ、新たな価値が創出される場としました。
バザールの意味する活気ある市場のようにみんながいきいきと働く空間を目指します。
ここでは5Fの各エリアについて、ご紹介します。
※コンセプトメイキングのプロセスはこちらから:「ウエダ本社リニューアル vol.1 – しらべる〜えがく –

[ BEFORE ]

既存レイアウトの課題

  • 個人の収納スペースが大きく、資料をため込み全体共有ができていなかった
  • 同じ部署の社員が5階と6階にわかれていたので連携が取りづらかった
  • 一番見素晴らしのよい南側が倉庫になっていた

[ AFTER ]

新しい関係と価値が生まれるカフェテリアに

リラックスできる空間でクリエイティブな仕事や、お客様との打ち合わせ、勉強会もできる多目的な場にリニューアルしました。

カフェテリア

社内外問わず、そこにいる人がリラックスできる憩いの空間になっています。コーヒーや紅茶が用意されているので、ゆっくりと落ち着いて、仕事や打ち合わせができる場となっています。また、少し休憩をとるスペースも設けているので、社員がリフレッシュする場ともなっています。
カフェテリアの中央にはアセビのシンボルツリーがあり、季節を感じられる演出を社員の手で作り上げられるようになっているので、社内の一体感やコミュニケーションの活性化にも繋がる仕掛けが施されています。



ボードルーム

しっかりとした話し合いや大事な商談の際に使う会議室兼応接室となっています。ガラス張りの開放的な部屋で、ロールスクリーンを下げることで機密性を保持した造りになっています。
また、スカイプ会議などもできる大型モニターが常設してあり、プレゼンテーションやミーティングの際に活用することができるようになります。


ワークルーム

複合機のメンテナンスや印刷時の断裁作業を行える場所となっています。制作の事例や資料もストックし、ライブラリの役割も果たしています。
廊下からも中が見えることで、誰が何をしているかがわかるようになっています。

続いては6Fをご紹介。ウエダ本社リニューアル vol.3 – かたちにする 6F編- にてご覧ください!