大乗仏教でいくには?

先週末からタイに行っておりました。

これは富士ゼロックスさんの褒賞旅行で、毎年、取引額に応じての人数を、海外に連れて行って頂くのですが、うちの会社は今年も5名で参加させて頂きました。

ゼロックスさんからすると、本来は社長は必ず出席してほしいというもので、他の販売店は必ず出席されているのですが、私はわがままを言って、リゾート地の時は私の枠も社員に回し、都市部の時だけ参加させてもらう事にしており、今回はバンコクだったので、四年ぶりの参加となりました。

バンコクは20数年前に一度行っただけでしたが、当時は地下鉄は勿論、BTSという街中を走る電車も無く、移動手段は車しか無かったので、ピタリと止まって全く動かないという尋常じゃない渋滞でした。

そんな印象からすると、今回行って驚いたのは、電車も綺麗で分かりやすく、街が大変安全で、少なくとも大通りを歩いている限りでは、夜中でも危険な感じが全くなかったのと、車のクラクションは旅行中一度も聞かなかったですし、渋滞はありましたが、アジア諸国に見られるゴチャゴチャした喧騒感が無く、そういう面でも日本と同じ位の安全さに感じました。

こんな風に振り返る機会があるといつも感じるのは日本の停滞感であり、日本は大丈夫か?という事です。

20数年ぶりというのは、私はウエダ本社に入る前だったのですが、その後ウエダ本社に入って海外などは関係ない世界でもがいている間に、国レベルでこれだけの変化を見ると、この間何をやって来たのか?という焦燥感と共に、一方で、それはうちの会社だけか?と言えばそうではなく、国全体がもがいて停滞している現状を見ると、日本、大丈夫か?と思うのです。

更に、明らかに大丈夫ではないのに、既存価値でやって来た所がまだ各分野で力を持っているので、国全体として、本気で変えようとしていない所が、明らかにヤバイと思うのです。

やはり日本での当たり前と思っている考えや価値観を、幅広く俯瞰的に考えていく為にも、できれば社員皆で海外研修なども行ないたいと思いました。

出社した水曜からは、ほぼ席に着けない程の予定でしたが、その内容を大きく分けると、講演含めて我々の展開をお話させて頂くものと、相談を持ちかけて頂くもの、そして我々に合うのでは?との事で紹介を頂くものという三つのパターンでした。

仕事のパターンは違えど、共通軸になっているのは我々の価値観で、それを面白がって相談に来て頂いたり、繋げて頂いたりするのですが、それだけに色々な事が集まって来ていたり、新たな価値観が広がっているのを肌で感じます。

そして又、自分の能力不足で処理できなかったり、うまく展開できずに焦りも感じてしまうのですが、価値観を尖らせて来て、この先、戒律を厳格に守るタイの様な上座部仏教でいくのか、一般に広めていく大乗仏教の道を選ぶのか?我々の会社も、そんな岐路に来ているのかも知れません。

ただ、今年で12回目を迎える京都流議定書を考えてみると、ずっと集客の数を追わず、あくまで自ら呼び込んでいくスタイルを貫いている所だけで言えば、一見戒律を厳格に追求する上座部的に思われるかも知れませんが、実は逆で、既存価値に居る人達を一般と置き換えると、その一般の人達を呼び込んで広めていこうとして来た事から、大乗仏教の道を選んでいるのだと思います。

と考えると、ここからは、広める為にという事で、色々な解釈で宗派が分かれていく事が無い様に注意していかなくてはならないですが、我々の信仰するソーシャル教も、沢山の宗派が出だしている事が気になります。

皆が纏まる釈迦の存在が必要かも知れません。