こんにちは、中江です。先日ご報告させていただいた通り「京都の中小企業と私」というテーマでブログを開設させていただくことになりました。今日からは、ウエダ本社さんで私が実際に体験した事や実施した事、感じた事などをご紹介させていただきます。

 

前回のブログでご紹介した通り、私は現在サイボウズ株式会社で営業の仕事をしています。サイボウズは、企業の業務課題を解決し、チームワークを高めるクラウドサービスを提供しています。今回はkintone(キントーン)の導入を行う事によりウエダ本社さんの業務改善を一緒にお手伝いさせていただくことになりました。

 

このブログを読んでいる方の中には、kintoneをご存知でない方も多いと思うのでkintoneについて少し紹介させて下さい。kintoneはサイボウズが提供するクラウドサービスで、現在8,500社を超える企業や団体にご利用いただいています。プログラミングなどの専門的な知識が無くても簡単に業務システムを作る事が出来、「顧客管理」や「案件管理」、「日報」、「タスク管理」、「交通費申請」など幅広い業務で利用するシステムを利用者自身で開発できます。

 

kintone紹介スライド

↑kintoneは自分のアイデア次第で簡単に業務システムを開発できます。

 

私が初めてウエダ本社さんと打合せを行った際に、岡村社長やリーダーの原田さんより、顧客情報や案件情報などを個人でしか管理しておらず非効率という事をお聞きしました。私が営業活動を行っている中でもこういった業務課題は非常によくお聞きする事で、kintoneを活用する事により営業部門の情報共有化を進めるお手伝いをする事になりました。

 

※ウエダ本社さんでは、営業部=ひろげるチーム、つなげるチーム。設計部=つくるチーム、管理部=むすぶチームといったチーム名をつけているそうです。素敵な呼び方ですよね^^

 

打合せの様子

↑ウエダ本社さんオフィスでの打合せの様子。

 

このブログを読んでいただいている方の中には、自社の営業部門の情報共有化や効率化に課題を抱えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?そういった方に少しでもお役に立てる情報をお伝えできれば幸いです。次回以降のブログでは、そもそも営業部門でどのような課題があったのか、少し歴史を遡ってご紹介していきたいと思います。

 

また、少し話はそれますが現在私は週に1回半日程度ウエダ本社の皆さまと打合せを行っています。ウエダ本社の皆さんと接する中で素敵だなと感じる事がたくさんあったので、このブログでもご紹介していきたいなと思っています。

 

【ウエダ本社の素敵なところ①】挨拶

ウエダ本社の皆さんは、どの方も本当に挨拶が丁寧です。初めてオフィスにお伺いした際も、すれ違う社員の方々から気持ちの良い挨拶をたくさんしていただきました。挨拶一つで温かい気持ちになる事を皆さんから教えてもらいました。色んな企業に伺ったことがありますが、挨拶が素敵な企業の皆さんは、いきいきと働かれているなという印象があります。ぜひ私がお客様をお迎えする際にも真似してみたい素敵な習慣でした^^

 

それではまた次回もご覧いただけると幸いです。

 

↑またまた何の脈略もないですが(笑)、少し前に京都の東福寺に行ってきました。夏は人も少なめでのんびり自然を楽しむ事が出来ました。