環境活動・京都材を使う理由

京都材を使う、街・林業を守る。
木を使うことは環境破壊につながる、と考えている方は少なくありません。しかし、本当はその正反対で、街や環境を守る、重要な手段なのです。

地元の木材を使うことで、林業が活性化し、森は元気になります。元気な森は、私たちの生活を、水害や鳥獣害から守ってくれています。京都材を使うということは、京都の森を守り、街を守ることにつながっているのです。さらに、手入れされている森は、地球温暖化の原因である空気中のCO2を、安定して減少させてくれるので、地球温暖化の防止にもつながります。

京都府木材連合組合会長賞受賞
弊社のWaofficeの取り組みが、2013年3月、木材利用拡大大会にて、受賞いたしました。

2012年11月に、Waofficeを用い、自社(株式会社ウエダ本社)のオフィスリニューアルを致しました。その取り組みが、平成24年度府内産木材活用優良施設コンクールにおいて優秀と認められ、京都府木材組合連合会会長賞を受賞致しました。

 

京都府木材連合会公式ウェブサイト